MENU


県青連会長Twitter



事業報告

【東北六】第20回東北六県・北海道商工会青年部員交流研修会並びに主張発表大会東北・北海道ブロックへの参加

  • (2013.10.24)

第20回東北六県・北海道商工会青年部員交流研修会並びに主張発表大会東北・北海道ブロック

 開会の挨拶を東北六県・北海道商工会青年部連合会連絡協議会会長佐藤慶太氏(秋田県青連会長)が行った後、歓迎挨拶として、今誠康青森県連会長、東条一彦青森県青連会長、来賓挨拶として、東北経済産業局長代理森谷甚栄部長、三村申吾青森県知事、宮本博史全青連会長からお話を頂きました。




 主張発表大会においては、青年部に入って成長したことや、地域に恩返しをしたいという想いを語った秋田県代表、由利本荘市商工会青年部の高橋秀彰氏が最優秀賞を獲得し、優秀賞は宮城県の本吉唐桑商工会青年部、佐藤雄太朗氏が獲得。
なお、岩手県代表であった平泉商工会青年部の小岩義典氏は、優良賞を獲得しました。


また、青年部の事例発表では、「あおもりんピック地域活性化運動」と題し青森各地で行われている事業(5事例)を紹介しました。


 交流会の席では、郷土芸能等の披露、せんべい汁の歌等を歌うトリオザポンチョスのステージが会場を盛り上げたほか、出席した今年度全国大会開催地である埼玉県青連会長から、2月に行われる全国大会に多くの参加をお願いしたい旨熱い要請がありました。
 また、同じく交流会の席において。東北六県・北海道青年部の優良青年部表彰として山田町商工会が紹介されました。



 歓迎の挨拶、主張発表、事例発表、交流会を通じ、笑いが絶えない大会となり、各部員は、他県の部員の活動を聞きながら、同じような内容を自らの地元ではどういう形ならやれるだろうかと考えていたようで、それぞれにとって実りある研修になった様子でした。

三村申吾青森県知事
はっぴ姿で登壇し、自らの若いころの姿を青年部に重ね、頑張ってほしい思いを歓迎の挨拶と共に語ってくださいました。

宮本博史全青連会長も駆けつけました

我らが岩手県代表の小岩義典氏も、県大会からさらに磨きをかけた発表を行いました。

事例発表はあおもりんピックがキーワードでした。

会場を盛り上がらせた、事例発表で登場の「七戸はやぶさPR隊」

交流会のステージではトリオザポンチョスのみなさんが歌を披露してくれました。