MENU


県青連会長Twitter



事業報告

【県青連】平成25年度第1回岩手県商工会青年部リーダー研修会の開催

  • (2013.07.10)

研修会場 あえりあ遠野

研修内容

○研修1「人口減少社会と新たな仕組みづくり」~地域経営の現場から~
   遠野市長 本田敏秋 氏
 日本の人口動態、人口減少、晩婚化、少子化等のデータから、遠野市として今後
どのような姿をめざし、活動をしていくのかを軸に、本田市長の県職員時代の体験
談も交えながらの講義となりました。

○研修2 平成25年度岩手県の経営支援施策と震災復興支援策
   岩手県商工労働観光部経営支援課 佐藤晃一 主任主査
 ①岩手県の経営支援施策、②県の復興計画、③中小企業の再建に向けた取り組み、
④産業の再生と復興のためにという4つの項目について、県の施策等を中心に講義を
いただきました。

○研修3-1 もちもち触感の冷凍用たこ焼き生地及び製造方法の開発による新製品の販売
   松葉商店 松葉孝博 氏
 経営革新の事例発表として、昨年度経営革新認定を受けた元商工会青年部である松葉氏
から商品開発の段階から、経営革新制度の承認を受けるまでの体験を交えて、講義をいた
だきました。 時折笑いが起きる和やかな講義であり、青年部の経営革新に対する意識を
いい方向に変える講義でした。

○研修3-2 経営革新承認制度とは
   岩手県商工労働観光部経営支援課 山本章博 主査
 経営革新承認制度全般に渡る、承認までの流れ、メリット等を講義いただきました。参
加者においては、経営革新制度とはなんなのか、どんなメリットがあるのかなど、経営革
新制度にかかる疑問がおおむね解消したと思われます。

○研修4-1  地域資源“雪”を活用したイベントの開催について
   西和賀商工会青年部 部長 髙橋新太郎 氏
 青年部の事例発表として、西和賀町で行われた「SNOW FRIENDS」の内容を中
心に発表が行われました。同イベントは、いわゆる婚活イベントにあたるが、運営側の苦労
や工夫点などが細かく語られ、青年部で主催したことがない地区については特に参考になっ
たと思います。

○研修4-2 青年部員増強運動について
   山形県青連 会長 柿崎 淳 氏
 柿崎氏の所属する、庄内町商工会青年部は、一年で青年部員を倍に増やすことを達成してお
り、その際の具体的な手法について発表いただきました。
部員増強のための班編成や、若い部員のネットワーク活用など、岩手県でもすぐに活用できる
手法が多くあり、各青年部で学ぶところが多かったと思います。

○研修5 平成25年度県青連事業について
   岩手県商工会青年部連合会 会長 古舘 聖人
 今年度役員改選があったことで、県青連事業についてあるいは県青連及び事業運営委員会の
組織図についての説明も含め、今年度事業について説明が行われました。また、経営革新への
取り組み、および経営革新塾への参加要請も行われました。

本田敏秋遠野市長

柿崎淳山形県青連会長(庄内町商工会青年部所属)

参加者全員集合