事業報告

【県青連】平成24年度岩手県商工会青年部運営研究会

  • (2012.10.18)

研修3 意見交換会の様子

去る平成24年10月18日(木)9時から
盛岡市 盛岡グランドホテルにおいて
平成24年度岩手県商工会青年部運営研究会
が開催されました。

<研修1>
◆青年部経営革新事例
 演題:「経営革新の認定を受けて」
 講師:洋野町商工会青年部 部長 高城 虎 氏
  ⇒盛岡において居酒屋経営をする際、久慈地域特有の
   物流問題を解決するために運送業へのチャレンジをし、
   経営革新の認定を受けた経緯、苦労などを中心に
   お話を頂きました。
   書類作成などは多方面からの支援で意外とスムーズにできた
   そうですが、むしろ「ビジネスプラン、ビジョンの策定」の
   方が苦労されたようです。

<研修2>
◆全青連の動き
 演題:「青年部を取り巻く中央の動きについて」
 講師:全国商工会青年部連合会 会長 宮窪 大作 氏
  ⇒ご自身の人生の歩みの中で、青年部がどのように関わってきたか
   などをお話し頂きました。
   昨今問題となっている青年部定年引き上げの話題なども交え、
   全国の青年部員共通の問題や、共通した想い、絆運動による
   全国の被災地への迅速な支援などのお話もうかがえました。

<研修3>
◆グループワーク及び意見交換
 テーマ:各運営委員会または青年部が抱える課題及び対策について
 座長:岩手県商工会青年部連合会 渡 裕幸 会長
 アドバイザー:全国商工会青年部連合会 宮窪 大作 会長
  ⇒各委員会が抱える問題を出し合い、それについての対策を練る、という
   単純かつ重要な話し合いの場となりました。
   また一般部員参加者は、青年部員の減少に関する件について話し合いました。
   部員拡大に関する悩みは全国共通で、本会において検討された意見等については
   宮窪会長が全青連に持ち帰り、全青連挙げて取り組むことをお話しされました。
 ゲスト:
  ・東北六県・北海道商工会青年部連合会連絡協議会 清野 隆博 会長
  ・東北六県・北海道商工会青年部連合会連絡協議会 佐藤 慶太 副会長

全国商工会青年部連合会 宮窪大作 会長