事業報告

【東北六】平成24年度第19回東北六県・北海道商工会青年部員交流研修会

  • (2012.10.17)

会場の様子(盛岡グランドホテル)

去る平成24年10月17日(水)13:30から
盛岡市 盛岡グランドホテルにおいて
平成24年度第19回東北六県・北海道商工会青年部員交流研修会が
開催されました。

<総合司会>
 ・ふじポン
<主催者挨拶>
 ・東北六県・北海道商工会青年部連合会連絡協議会
  会長 清野 隆博
<歓迎挨拶(敬称略)>
 ・岩手県商工会連合会長 千葉 庄悦
 ・岩手県商工会青年部連合会長 渡 裕幸
<来賓挨拶(敬称略)>
 ・東北経済産業局長 山田 尚義
  (代理:産業部長 菅原 正昭)
 ・岩手県知事 達増 拓也
  (代理:商工労働観光部長 橋本 良隆)
 ・全国商工会青年部連合会長 宮窪 大作

<平成24年度商工会青年部主張発表東北・北海道ブロック大会>
 ※別に事業報告をさせていただきます。
  そちらをご覧ください。

<基調講演>
 演題:「大震災からの事業再生」
     ~若手経営者の経営革新への取組み~
 講師:株式会社アテーナソリューション
    代表取締役 立石 裕明 氏
 ⇒阪神淡路大震災被災の経験をもとに、また、リーマンショック
  などの急激な世界経済情勢の変化にどのように対応してきたかを
  ご自身の挫折も交え、忌憚なくお話し頂きました。
  「青年部員なら、皆さんなら、必ず、できます!!」
  という、力強い、情熱あふれるメッセージを頂きました。

<大交流会>
 ・アトラクション:ミスさんさによる盛岡さんさ踊り
 ・わんこそば大会青年部の陣:
   各道県代表3名による各1分でより多く平らげたチームの優勝!
  ☆優勝:岩手県チーム 計99杯
      ①下荢坪 之典(洋野町)31杯
      ②中村 祐紀(岩手町)33杯
      ③古舘 聖人(二戸市)35杯

300名を超える参加者により開催された今回の東北北海道大会。
会場は凄まじい熱気に包まれた、実りある大会となりました。
参加青年部員の皆さん、本当にありがとうございました。

歓迎の挨拶 岩手県商工会青年部連合会 渡 裕幸 会長

来賓挨拶 全国商工会青年部連合会 宮窪 大作 会長

基調講演 株式会社アテーナソリューション 代表取締役 立石 裕明 氏

総合司会 ふじポン
合間でたくさんの青年部員と
記念撮影していました。
大人気です!!
「ふじポンのブログ」でも今回の大会について
触れて頂いております。

アトラクション ミスさんさの皆様のさんさ踊り

こちらは太鼓の皆様
さんさ踊りは
世界最大の太鼓パレードということで
ギネス認定を受けております。

わんこそば大会の様子
「喉で噛む」という感覚に
だいぶ苦戦しておりました。
これを機にぜひ本当の大会にも
チャレンジしてみてください。

わんこそば大会 結果表
最高は38杯。
1分間でしたので、
約1.58秒で1杯、
かけそばにするとおよそ2.53杯分となります。