事業報告

【県青連】平成24年度第1回商工会青年部リーダー研修会

  • (2012.07.11)

研修前の様子 任期2年目で親睦もだいぶ深まりました

去る平成24年7月11日(水)13時30分から
7月12日(木)正午までの日程で
紫波町「ラ・フランス温泉館」において
平成24年度第1回商工会青年部リーダー研修会
が開催されました。

=1日目=

<研修(官民連携事例)>
講師:オガールプラザ株式会社
   代表取締役 岡崎 正信 氏
演題:官民複合施設「オガールプラザ」の運営を通じたまちづくりについて
⇒既成概念を覆す、官民連携によるまちづくりをご講演頂きました。イベントに頼らない、
 まちづくりを「不動産価値」から見出す独特の手法に、今全国から熱い視線が送られて
 います。

<研修(震災復興支援及び経営支援施策)>
講師:岩手県商工労働観光課
   総括課長 松川 章 氏
演題:平成24年度岩手県の経営支援施策と震災復興支援施策
⇒いわて県民計画に則った中小・小規模事業者向け経営支援策と
 8つの柱からなる復興支援施策のご説明を頂きました。

<主張発表大会>
※詳しくは事業報告にて。

<大懇親会>
 主張発表で最優秀賞を獲得した下荢坪之典さんを悲願の全国大会
出場を果たせるよう、激励致しました。
 2次会は紫波町商工会青年部の皆さんが作成した飲食店マップを
片手に大いに紫波の町を堪能させて頂きました。温かいおもてなし
に深く感謝致します。

=2日目=

<研修(農商工連携事例)>
講師:株式会社紫波フルーツパーク
   専務取締役 竹原 純悦 氏
演題:農商工連携と株式会社紫波フルーツパークの取り組み
⇒農商工連携による新商品の開発に対する想いを、当時の苦労話を
 交えてご講演頂きました。ブランド化のための商品デザイン等は
 大いに参考になるものと感じました。

<研修(青年部活動事例)>
講師:山形県 寒河江市商工会青年部
   部長 木村 洋祐 氏
演題:地域に必要とされる商工会青年部を目指して
   ~地域を想い私達が創る~
⇒青年部に入部する前後の体験、また、その時その時の部長の想い
 を、きちんと理解した上でメリットデメリットを見極め、青年部
 活動をすることの意義を見出し、部員一人ひとりのモチベーション
 アップにつなげ、全国表彰を受けるまでに部員拡大を成し遂げた
 活動をご紹介いただきました。

<意見交換会>
座長:岩手県商工会青年部連合会 渡 裕幸 会長
⇒県青連として、震災復興支援のためのHPの活用方法の見直しや、
 部員増強運動の展開、10月17日に行われる東北六県北海道
 商工会青年部員交流会の運営、県青連45周年記念事業の説明
 及び絆の日感謝運動の実績報告がなされました。

紫波町商工会青年部 伊藤 政之 部長

2次会の様子 寒河江の木村部長もご参加いただきました

寒河江市商工会青年部 木村 洋祐 部長