事業報告

【県青連】平成23年度第6回県青連理事会

  • (2012.03.13)

<議事内容>
1、平成24年度東北六県・北海道商工会青年部員交流研修会について
  ・開催日:平成24年10月17日(水)
  ・場所:盛岡グランドホテル
  以上のとおり決定した。

2、商工会青年部復興支援事業実施要綱の新設について
  ・目的:商工会青年部が実施する効果的な東日本大震災復興支援に要する
      経費に対し助成し、被災地の復興支援等を図ること。
  ・対象:商工会青年部が主催して実施する事業。
  ・要件:東日本大震災復興支援として効果が認められるソフト事業とし、
      復興支援を図るためのイベント、販促、調査、研究等の活動及び
      復興支援の活性化を図るために必要な知識習得のための講習会や
      研修会の開催その他特に必要と認められる事業であり、単に消費
      者に進呈するような事業や、花いっぱい運動・イルミネーション
      の設置のみの活動は対象外とする。
  ・対象経費、助成率、助成限度額及び助成申請に係る事項:
      詳細は後ほど配布される実施要綱を確認してください。
  ・助成の決定:
      県青連正副会長で構成される審査会において審査、決定。
  以上、実施要綱が承認された。

3、平成23年度収支決算見込みについて
   東日本大震災により負担金の減免措置がとられたこと、義援金の取扱い、
  復興対策引当費の計上等を確認した。予算の執行状況についてはおおむね
  予算どおりの執行状況となっている。

4、平成24年度事業計画及び収支予算について
  ・組織強化活動:
    例年実施されている事業に加え、
     ①災害復興支援の実施
     ②45周年記念事業の実施
    を盛り込んだ形となった。
  ・研修・研修活動:
     ①青年部リーダー研修会
      ⇒幹事;紫波町商工会青年部
     ②東北六県・北海道商工会青年部員交流研修会
      ⇒幹事;岩手県青連
     ③運営研究会の開催
     ④経営革新塾への協力・参加
     ⑤J-saas(経理等総合管理システム)研修会等への参加・協力

5、その他
  ◆平成28年度に開催される、商工会青年部全国組織化50周年大会招致について
    クリアしなければならない課題は多く、ハードルも予想以上に高いが、岩手
   招致を望む声もある中、部員一丸となって一つ一つクリアしていき、期待に十分
   応えられるよう努力していくことを話し合った。

終了後懇親会が行われました。
場所:三陸居酒屋きりや
情報はこちら↓
http://blog.tsdo.net/article/237648003.html
オーナーは県青連理事(洋野町商工会青年部部長)の
高城虎さんです。ぜひ足を運んでみてください。