MENU


県青連会長Twitter



お知らせ

【県青連】平成26年度第1回商工会青年部リーダー研修会  第20回商工会青年部主張発表岩手県大会

  • (2014.07.04)

開会にあたって挨拶をする県青連会長古舘聖人さん

 県内25単会の部長をはじめとする、青年部員が一堂に会し経営に関する研修を2日間にわたって行われるリーダー研修会が行われました。初日は、世界遺産となり日本や世界から多くの観光客が訪れている平泉町の町長・菅原正義様による「平泉のまちづくり」と題した包括的なまちづくりの戦略をはじめ、岩手の自動車産業を中心に“ものづくり”という観点から人材育成とマッチングの現状・展望を岩手県県南広域振興局の産業振興課長・瀬川裕昭氏にお話頂きました。
 また、第20回を数える青年部主張発表大会岩手県大会が行われ、北部/二戸市商工会青年部部員・小軽米健太さん、県央/葛巻町商工会青年部常任委員・前野嗣朗さん、東部/岩泉商工会青年部部長・長山敦さん、南部/金ケ崎町商工会青年部常任委員/梅田治彦さんの4人の弁士がそれぞれのテーマで熱く語って頂きました。栄えある優勝者は南部の梅田さんでした! 「青年部活動と地域振興・まちづくり」という題材の元、農家による農家レストランへのチャレンジと青年部に関する弁論で、見事8月29日に秋田で行われる東北大会への切符を掴み取りました。皆様、是非とも熱い応援よろしくお願いします!

 2日目には「若手経営者の経営革新 ~メリットと認定への課題~」と題しまして、㈱ディセンター折原浩様より非常にわかりやすい経営のイノベーションについてのお話を頂きました。参加した皆様には是非自社にて活用すれば、きっと成果の出る内容だったと実感しております。
 その後は、熊本からお越しいただいた全青連会長の宮本博史氏が「青年部資格45歳への延長の意義 青年部の未来」を熱く語って頂きました。前夜の懇親会から参加頂いたので、初めて講演を聞く方にも親しみがあったかと感じました。
 最後には青年部事業運営委員会からの報告、県青連会長古舘聖人さんからの今年度の県の事業内容について説明があり、2日間の充実した研修会を締めくくりました。